悪の女怪人・女幹部に色仕掛けされたい妄想

悪の女怪人・女幹部が美女・美少女に化け、ヒーロー側の男性を色仕掛け/ハニートラップで堕とすシチュが大好きな
ニッチすぎる趣味な人のblog。
自作のエロ色仕掛けものSS等を掲載しています。18禁です。

 

いよいよ衣替えの季節になり暑さと冷房でへたっている私です。
冷房に弱くて夏でも長袖が必需品なのですが、会社と電車の冷房がキツくて辛いです。こんなときは以下略。

今回はふと思い付きまして、久々にブログらしく(?)、私の性癖の本筋な感じの、特撮番組の個人的お気に入り色仕掛け女怪人さん/作戦エピソードTOP3を発表してみたいと思います。
数年前下手すると十年以上前から(うっ頭が…)この手のエントリーを色々書いていたので「それ何度目だよ」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、最近アクセスされた方に温故知新的に楽しんで頂けるかなぁ…と。

ということで早速行ってみましょう。



第3位 Contemptraさん / Power Rangers Time Force EP.22 "Lovestruck Rangers"

いきなり英語ですみません。こちら「タイムレンジャー」の22話「桃色の誘惑」に登場した結婚詐欺師バーベラさんの米国版の女怪人である"Contemptra"さんです。以前にも紹介したことがあるのですが、おそらく日本で取り上げているのはマジに私一人なのでは…というくらいにレアな自信がありますw (バーベラさんの方は多いと思いますが。)
私もYouTubeかどこかで検索しまくって偶然見つけたのですが、Contemptraさんが化けたアンジェリーク嬢がエロ美しい上に、ストーリーも原作に沿いつつかなりアレンジしていて、最初からレンジャーの男性メンバーを色仕掛け&魔法で虜にして同士討ちさせる作戦になっている点が素晴らしい次第。サブタイトルも「レンジャー達の恋煩い」ですしね。

さてそのContemptraさん、まずは男性メンバーを色々なアルバイトに誘い出し、そこで彼らの好みのタイプの姿で近づき誘惑し、全部成功させるという素晴らしい成果を残します。どんな姿で登場するかというと、以下の5種類のスタイルで大サービス。

  • ブルー誘惑時: スポーツカー好きのイケ美女姿
  • グリーン誘惑時: ロボットを自作しちゃう地味ヲタ女子姿
  • レッド誘惑時: テニスウェアJD風姿
  • 3人鉢合わせデート時: イケ美女スタイル
  • レッドとデート時: エロ美女スタイル

ブルーとグリーンはバッチリでしたが、最初のレッド誘惑は彼が中々乗ってこなかったため強制的に魔法を掛けていましたがそこはご愛敬で(その後のレッドへのアプローチを見るに、テニスウェアにエロさが足りなかったのがいけなかった説を推しますw)。
特に最後のレッドとのデートでは、腹出し背開きキャミソールに透けカーディガンに黒ビニール超ミニスカ生脚姿という激エロ衣装。どう考えてもレッドをハァハァさせてあんなコトやこんなコトして堕とすつもりだったとしか思えないのですが、何故か追いかけてきたブルーとグリーンの2人と鉢合わせになった後、3人を同士討ちをさせてご満悦。最終的に正体を明かして弱点を突かれて負けて…というパターンに落ち着くのが残念過ぎですが、途中まで明確な色仕掛けが成功しまくりで見応え抜群ということで第3位といたしました。
勿論そんな能力は無いだろうし、あっても放映出来ないと思いますがw Contemptraさんにエチエチ吸精能力があれば…ああっ。

Contemptraさんについては米国Power Rangersのファンサイト(wiki)に概要が載っていますのでこちらをご参考頂ければ。原作のバーベラさんと比べてみるのも一興かと思います。


あと、"Lovestruck Rangers"で検索すると映像がヒットするかも知れません。勿論台詞は全部英語ですが、絵だけで大体分かると思いますので、興味がありましたら是非観てみて下さいませ。


第2位 インヴェード美女 ラビさん / ブルースワット第9話「プリティガール」

こちらもすごーく昔にチラっと紹介したことがあるのですが、「ブルースワット」という古いメタルヒーロー系の特撮に出てくる、宇宙犯罪組織の美女エイリアンさんです。彼女に「ラビ」という名前があることをさっきwikipediaで知りました。凄いぞwikipedia!

彼女がどんな活躍を見せたかと言いますと、まず、彼女の所属組織である宇宙マフィアの地球侵略担当の女幹部さんが、「人間の男が美女に弱いこと」を発見します。映像で堂々と語られると何だか恥ずかしいですがぐうの音も出ませんw そしてここを突いた作戦を実行すべく、エイリアンとして随一の美女であるラビさんを地球に呼び寄せます。

この作品のエイリアンは地球人に乗り移って(インヴェードして)活動するので、ラビさんも同じく乗り移り。その相手は勿論人間の美女。で、彼女が一体どんな作戦を実行しようとしたかというと、「美女の姿でバイオテクノロジー分野の博士達を魅了して誘拐。彼らに自分と美女のクローンを作らせ、全世界の男性を悩殺・魅了して支配しよう」という素晴らしすぎる作戦なのですVIVA!

普通に考えると突っ込み所満載ですが、女幹部さんの口から堂々とそして自信満々に語られるこの作戦に私は「まさに正鵠を射たり」と深く頷いたのは言うまでもありません。更にインヴェード美女(ラビさん)の博士誘惑方法が、エロ~い超ミニスカ姿で研究室に現れ、セクシーウィンク悩殺光線で博士をメロメロにするというもの。ありがとうございますこのご恩は一生忘れません…な感じで、私の趣味嗜好性癖のストライクゾーンど真ん中にド速球が投げ込まれた状態です。

勿論作戦は最後に失敗しますが、マニアックで性癖直撃な作戦を堂々と実行し、私の作品にも強い影響を与えてくれたこの作品を第2位といたしました。

あとラビさん、怪人態というかエイリアン態が普通にメッチャ強くて、美女に乗り移って誘惑しなくてもスワットチームに勝てたんじゃ…? と思ってしまったのは内緒です。


第1位 モモイロアルマジロさん / 人造人間キカイダー24話「魔性の女?? モモイロアルマジロ」

皆さんご存じだと思いますし、改めて紹介する必要も無いかも知れませんが、エロ色仕掛け女怪人と言えばこの方を置いて他は無い…という位に有名な、初代キカイダーの魔性の女・ダーク破壊部隊のモモイロアルマジロさんです。

映像冒頭の「クルクルクルクル…ヤー!」の腰振りゴロゴロ変身で飲んでいたコーヒーを噴いてしまう方も多いかも知れませんが、私はこの場面で心と股間を打ち抜かれ色々歪みました。このバックローからのアングル、そしてこの衣装、あのムーブに怪人態…とにかく凄すぎます。

モモイロアルマジロさんの使命は男性を拉致して改造し、ダークの先兵とすること。もうこの時点で大好物な上に、男性の確保方法が剛速球のエロ色仕掛け。他の作品が何となくマイルドなのに比べ、モモイロアルマジロさんは躊躇しません。
すなわち、あの桃色エロ衣装の美(熟)女人間態で夜の街を歩きナンパを待ち、声を掛けてきた男性を(色々あった後)「さぁ…いらっしゃい♡」とパフパフサービスで気持ち良くさせ窒息させるというのですからタマリマセン。そしてそして、幸福感に包まれながら堕ちた男の額に濃厚なキスをして、下僕シリアルナンバー入りキスマークを施す。ホント、色んなフェチ要素の宝庫で性癖が歪まない方がおかしい位です。(キスマーク付けは冒頭の怪人態でも実行していて、こちらもなかなか味があります。)

しかし今見ても凄い格好ですよねモモイロアルマジロさんの人間態。こんな格好の美人お姉さんに誘われたら…はぁはぁ。演じられた女優さんは当時のエッチ女優さんとのことですが、これを今のエッチ女優さんで現代風にエチエチリメイクしてくれたら…ハァハァ…あうっ!

いつどこで知って見てしまったのか、はっきり覚えてはいませんが、拙作ピンクルアマジロさん他のオマージュ対象でもありますし、私の趣味嗜好性癖を確定づけた、私のトラウマ作品No.1ということで選んだ次第です。

そう言えば途中登場する女戦闘員が変身したお姉さん達もエチい超ミニスカート姿でなかなかそそる感じだった記憶が。ヒロインの方も超ミニワンピですし、当時は超ミニが大ブームだったんですね。



ということで、メッチャ長くなりましたが、特撮番組の個人的お気に入り色仕掛け作戦エピソードTOP3でした。お楽しみ頂ければ嬉しいです。気になる作品がありましたら、是非検索検索~♪してみてください。


    このエントリーをはてなブックマークに追加


一ヶ月少し振りのご無沙汰でございます。皆さんいかがお過ごしでしょうか。
時間はあっと言う間に進み、いよいよ衣替えの季節になりました。そう、夏です、夏。夏と言えば勿論海! 海と言えば…そう、水着姿のめちゃシコボディの超可愛い女の子に化けた女怪人さんです! (飛躍)

ということで、久々にpixivにSSを投稿しましたのでご案内です。
今回は新作で、先日実施した「第二回 誘惑女怪人の無名の犠牲者第一号になりたい! アンケート」で、160票中41票を集め見事1位になった「街中なら私服姿、海辺やプールなら水着姿の彼女に逆ナンされ、『イイコトしましょ♡』と人気の無い所に腕組み誘われ抜かれ堕ちる一般男性」シチュをモチーフとしたものになっています。

桃色水着美女の甘い誘惑~エッチな女怪人の下僕第一号になる羨ましいモブ男君のお話


アンケートに投票頂いた感謝の意として、単に結果を発表するだけじゃなくて何か工夫を…と思い、SSを書いてみた次第です。私服と水着のどちらにするかちょっぴり迷いましたが、これからの季節どう考えても水着しか無いでしょ! ということで水着姿の彼女に逆ナンされる羨ましいモブ男君SSになりました。展開も割とストレートな感じで、エチエチ成分多めで羨ましいことこの上ない感じになっていますので、お楽しみ頂けると嬉しいです。ああ、私も犠牲者になりたい…。

今回も誘惑担当として、本ブログのヘッダー画像、秘書役夜の街角での誘惑、そして前回の家庭教師作戦と、拙作世界の色んな場面で活躍するフリーの桃色女怪人「桃子」ちゃんに登場して頂きました。
そしてそして、今回もみはゆーのさん作画の可愛くってエチエチで今すぐ逆ナンされて下僕になりたくって堪らない桃子ちゃんののイラスト付きでございます。WOWっ!
辛抱堪らないナイスバディをフリルも可愛い桃色のビキニに包んだ…基、包みきれなくってこぼれ落ちそうなお胸を湛えたその姿はまさに性なる女神様。こんなにエロ可愛い美人さんに甘く声を掛けられたら…人目も憚らずその場で大欲情必至です今すぐ来てくださいお願いします! 脚のチャームが何だか変な形だしそもそも泳ぐのに邪魔だしおかしい気もするけど太腿ムチムチでタマラナイし気のせいだし何よりおっぱいがもうその…ハァハァ…。

作画頂いたみはゆーのさんには改めてお礼申し上げます。どうもありがとうございます。
みはゆーのさんのサイトpixivには美しいイラストが多数掲載されていますので、よろしければ是非足をお運びくださいませ!

ということで、pixivに投稿したSSのご案内でした。お楽しみ頂けると嬉しいです。

P.S.
アンケートの全結果は別途あらためて発表いたしますので少しお待ち頂ければ幸いです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

季節も進みすっかり暖かくなった今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
私はと言えば仕事の疲れから、朝の小ネタも女怪人さんの甘い誘惑の犠牲者になりたい来て!系の連続な感じで、これはもう皆大好きアンケートを取るしか! えっ!?

…と、強引な前振りが決まった所で、第二回「誘惑女怪人さんの無名の犠牲者第一号になりたい!」アンケートを実施してみようと思います。前回が約3年前、それも同じく4月、更に小ネタまとめの一環としての実施ですから、きっと春になるとそういう気分になる性癖なんだと思います。ってどんな性癖。

例によって選択肢が拙作ネタベースなのでワンパ乙感満載で申し訳ないですが、なるべく前回と被らないようにしてみたつもりです。いえ、半分くらい同じですごめんなさい。アンケートはこちらです↓

第二回 誘惑女怪人の無名の犠牲者第一号になりたい! アンケート

女怪人さんの目的は宿敵である戦隊メンバーを誘惑・下僕化して戦隊を崩壊させることですが、試行といいますか、能力実証テストの犠牲者第一号として皆さんが選ばれたという設定です。
勿論女怪人さんはめちゃシコボディの極上美女・美少女に化け、皆さん好みの即勃ち必至コスチュームで甘く淫らに誘惑してきます。
彼女の魅力淫力そして性技に負けいきり勃たせてしまったら最後、後は彼女のなすがままにされ、超絶気持ちイイ絶頂射精と共に完全下僕化。悪の組織に全てを捧げることになるのです! VIVA!
私だったら番組冒頭に登場するや速攻本射精で秒で下僕化しちゃうこと間違いなしですが、それこそが女怪人さんの能力実証のモブ犠牲者としての醍醐味です!

ということで、よろしければ投票頂ければ嬉しいです。
少し期間が短くて申し訳ないのですが、キリが良いので4月30日いっぱいまでにご投票頂けると嬉しいです。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

皆様、新年明けましておめでとうございます。
明けましておめでとうございます。

大事な事だから二回言いました……(悲しみ)。
どう考えても季節外れで完璧に手遅れですねすみません。

年明け以降もずっと忙しく、Twitterの方で朝のお早う手動botとして小ネタを投下するのが精一杯でして。リライトもの中心ではありましたが、新作を含め複数本のSSに音声作品のシナリオも執筆出来た昨年が数年に一度あるかないかの絶好調期だった感じですね。あの頃は良かった……。

…気を取り直して、久々に小ネタまとめをしてみました。
前回のまとめ以降(昨年)に投稿したツイートを読み返してみたのですが、いやもうネタが見事に私の勤務状況と精神状態に連動しまくっていてなんとやら。
昨年前半はテレワーク中心で心身共にある程度余裕があったのかそこそこバリエーションがあったのですが、昨年秋以降に早め出勤が基本となってからは、疲れたワイを癒やして誘惑下僕化するエチエチ美女・美少女の出現を待ち望み自己ツッコミするネタ一色と言っても過言では無い悲しみに包まれていました。ぴえん。
でも、疲れたリーマンを甘やかし誘惑下僕化する作戦はマジに有効だと思うので、今がエチエチ女怪人さんの造り時ですよ悪の秘密結社さん! 是非是非! そしていの一番に私の所に派遣して下さいお願いします喜んで犠牲者になります!

と、いつものネタが決まった所で昨年前~中盤分をざっと纏めてみましたので、ご紹介して行きましょう。

    女怪人さんの設定系

    • 誘惑怪人パンチラミア
      ミニスカ衣装の扇情的な美少女に化け様々なパンチラを行い、これを見た男性を彼女のパンチラでシコる為に何でもする下僕に変える女怪人。戦隊君達を次々と堕としたが、戦隊ピンクに八つ当たり的に脱がされノーパンになり、パンチラが出来なくなってしまった事が仇になり破れた。

    • 筆下ろし怪人チェリー・イーター
      様々な姿の巨乳美女に変身し、彼女と初体験した男性を下僕化する能力を持つ女怪人。狂博士の「戦隊男子は皆童貞」という推測に基づき生み出された。その魅力で見事に彼らを誘惑し中出しさせることに成功するも、全員経験者だったため逆に衰弱し斃された。涙。

      戦隊君達全員から「可愛くってマジ好みだった」「あんな気持ちイイのは初めてだった」「最高でしたありがとうございました」「正直1ミリも恨みはないけど立場上…ゴメン」と惜しまれつつ斃され、間際に「俺達じゃなくて魔法使い歴30年の長官だったら…」と重要機密まで教えて貰ったものの本人消滅した悲しみ。

      と言う感じの戦隊男性メンバーの性処理というマジ悩ましい問題を敵の誘惑女怪人ちゃんに女神様になって貰うという逆転し過ぎな発想で解決したSSもよろしければ。
      https://www.pixiv.net/novel/series/1401194
      ハコ様作画のとってもエロ可愛いイラストも是非!

    女怪人さんの作戦ネタ系

    • 夏と言えばボーダーTシャツとむちむち短パン姿のおっぱい美少女に化けたモスキート怪人ちゃんの誘惑吸血子作り作戦。

    • 夏と言えば海! 海辺で可愛い巨乳美人お姉さんに化けた女怪人さんのオイル塗り塗り誘惑作戦でモブ下僕になる人生を送りたかったです。

    • 海水浴に訪れたヒーローを、彼好みの黒髪巨乳美少女に化けエロビキニ姿で誘惑する女怪人。波打ち際での甘々遊戯の後、「二人っきりで、ネ♡」と彼に肢体を密着させ海小屋に向かう彼女の足は異形のものに変化していた。実は水に弱かった彼女の運命は如何に…頑張れ女怪人さん!

    • 強風下の戦闘でヒーローがモブ女性のパンチラに気を取られたことに気付きエロ美少女に変身、風を利用しての「きゃあん♡」パンチラで彼を悩殺しようとするもスカートが短すぎて最初からパンモロ状態だったため彼に「趣が無いんだよね、それ」と倒されてしまう女怪人。

    • 彼好みの巨乳美少女人間態でヒーロー君を大欲情させることに成功、無我夢中でカラダにむしゃぶり付く彼に後は中出しさせるだけ…と騎乗位で彼の欲棒を秘部に導き挿入させようとした所で突然鳴り響いた雷鳴に恐怖しエチエチ人間態が解け怪人態に戻ってしまう女怪人さん。雷恐い。

    誘惑パターンや作戦「~が好き」系

    • キスで扇情・催淫・洗脳系の甘い毒唾液を流し込むパターンが好き。エチエチ色仕掛けで相手に接近、最初は唇を濡らしての軽い口づけで唾液を味わわせた後、蕩ける表情で相手を誘って激しいキスで流し込んで一気に欲情・射精させたりしたら最高。

    • 不可抗力を装ったわざとらしい誘惑が好き。自分でミニスカートを不自然な形でめくりあげながら「きゃっ、風でスカートが…いやぁん♡」とか。

    • 「ミニスカパンツ見せ見せ大作戦」とか「着衣おっぱいぷるるん大作戦」とか、ノリと勢いで実行される感じのお色気作戦にまんまと引っかかって鼻血を垂らしながらボッキーンって卒倒したい。

    • どう考えてもその場に不釣り合いだけど、標的の男の性癖に刺さるエチエチ美女・美少女に化けて誘惑するパターンが好き。

    • うっかり悪の怪人の作戦現場を目撃しちゃって慌てて逃げ隠れるも追い付かれて絶体絶命と思ったら現れたのは可愛いエチエチおっぱい美女で「もう大丈夫よ♡」とワイを甘エロく抱き寄せおっぱいに顔を埋めさせてくれて気持ちイイって思ったらニヤっとされてアウッ…となるパターンが好き。


    美女・美少女怪人/魔物さん来て! 系

    • 昨日からの頭痛と肩こり痛が思わしくないのですがなんとか頑張って行くしかないと思うワイの肩を「ココ?」と指圧しながらカラダを密着させ……の美女怪人さんが来てくれないかなぁ。

    • 暑くて寝不足で辛み。こんなときは甘可愛いおっぱい美少女に化けた淫魔さんが「大丈夫? 元気出して♡」って巨乳を押しつけながら股間に手を伸ばして来て…それじゃ疲れが取れるどころか精根尽き果ててしまうよぉ早く来て!

    • たまった身体の疲れとかテレワークで付いちゃった脂肪とかをヌキヌキしてくれる天使のようなサキュバスさん来て! (それサキュバスなのか?)

    • ツイートしたネタをテキストに纏めて保存しているのですが、「昔何書いていたっけ」と振り返ってみるともう何年も同じネタばかり呟いていて進歩の無さに愕然とする私の元に「一つのことを続けるのはとっても大事なのよ。私が良い子良い子してあげる♡」と甘可愛い巨乳お姉さんに化けた女怪人さんが来て!

…と、ブログ11周年の頃までのネタをピックアップしてみたのですが、最後に何だか良いオチが付いた感じなので、今回はこれにてお終いにしたいと思います。お楽しみ頂ければ嬉しいです。
今年もマイペースにボチボチやっていきたいと思いますので、まったりと見守っていただければ嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

ふと気付くと凍てつく空気が地上を支配する季節を迎えていましたが、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。同じ支配されるならエチエチ美女・美少女さんの偽りのご奉仕プレイで甘々搾精される奴隷としてですね以下略。

……ということで、本年も色々とお世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

私事になりますが、今年は何と言ってもコロナ禍に伴うテレワークの日々からの部署異動そして出社激務の日々と激動な一年でした。テレワーク中も起床して直ぐに始業する感じでしたし、出勤するようになってからも朝早く夜遅くと、何だか疲れたことしか覚えていません。
「先輩お疲れですネ♪」耳元に響く甘い囁きに驚く私に微笑み掛けてきたのは、異動先の部署のサイドテールも可愛い魅惑の後輩女子。座ったままスルスルっと移動してきた彼女は椅子を密着させ、大胆なミニスカートから露わになった目映い太腿に私の手を導く。拒む私を「ネっ♡」と誘う彼女の行為はどんどんエスカレートし…(起きません)。

書き物の方はGWに小ネタまとめを行って以降は何故か調子を取り戻し、旧作のリライト3作そしてルルアちゃんの新作と、物凄い勢い(当社比)でSSを書けたのがとても良かったです。
pixivでのブックマーク数も今回リライトした家庭教師桃子ちゃん魔王妃ロミリアちゃんが過去作をあっと言う間に抜く勢いで伸びてとても嬉しい&印象的でした。新たな読者さんにリーチ出来たのかなぁ…とも思います。
音声作品の方でもシナリオを担当させて頂いた『宇宙妖姫の可憐な奸計~甘蜜性技に溶けゆく正義~』が発売になり、好評を頂いて大変感謝しています。さらには第一作目の『新人アシスタントの甘い罠~蕩ける花蜜に堕ちる正義~』をコミカライズ頂いたりと、関係各位の皆様には感謝感激しかありません。
(ちなみに拙シナリオの音声作品は過去二作を含め「正義のヒーロー籠絡」シリーズとなっています)

ということで、書き物と妄想の方はここ数年に比べるとかなり充実した一年でありました。こうして活動を続けられるのも、足を運んで頂いたり、ご購入頂いたり、ブックマークやイイネして頂いた皆さんのおかげです。どうもありがとうございます。

また、可憐で蠱惑的なイラストの数々を描いて頂いたみはゆーのさんに改めて感謝です。どうもありがとうございます。特に最近はルルアちゃんが改めて注目を集めていて、pixivのブックマークの伸びが著しくてとても嬉しいです。こちらも新しい読者さんに見て頂けているのかもですね。

来年も自分の嗜好・性癖に忠実にワンパターン道を邁進し、エチエチ美女・美少女姿の女幹部/怪人/魔族さんetcに誘惑される妄想にボチボチと励みたいと思いますので、ご贔屓の程よろしくお願いいたします。

それでは皆様良いお年をお迎えください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

1ヶ月…ではなくて3週間ぶりのご無沙汰です皆様いかがお過ごしでしょうか。
私の方と言えば相変わらず毎日早め出社で疲労困憊しつつ、いよいよ活躍のシーズンになったお布団怪人さんの極上ナイスバディに包まれ甘やかされ遅刻しかける日々を送っています。

そんなストレス(?)を発散しようと脳が妙に働いたのか再び筆が進み、今度は前作「桃惑のラブレター」でデビューを飾ったルルアちゃんの従者であるミオーラちゃんの設定/プロフィールが完成するという奇跡が起き、またまたpixivの方に投稿いたしましたのでお知らせです。



さらにさらに、超可愛くって今直ぐ抱き締めて貰って良い子良い子して貰いたいメイド姿のミオーラちゃんのイラストを、みはゆーのさんに描いて頂きましたああああ可愛い~~っ! イラストは扉絵&挿絵として登録してありますので是非是非ご覧くださいませ。ワイもこんな可愛いメイドさんに色々サポートして貰いたいです只の疲れたリーマンの精が足しになるかさっぱり不明ですが精気だったらいくらでも好きなだけ差し上げます是非来てお願い!!

作画頂いたみはゆーのさんには改めてお礼申し上げます。どうもありがとうございます。みはゆーのさんのサイトpixivには美しいイラストが多数掲載されていますので、よろしければ是非足をお運びくださいませ!

ということで、pixivに投稿した設定のご案内でした。お楽しみ頂けると嬉しいです。

P.S.
アップ先がpixivばかりですみません。文章装飾やレイアウトの自由度は殆ど無いけど、投稿と管理が楽なので。UIはどんどん謎になりますが。
    このエントリーをはてなブックマークに追加


自らの意志で魔王妃となったルルア姫の設定&プロフィールと、彼女の出生の秘密そして魔王妃となった経緯を綴った誕生譚(プロット)の改訂版です。前版の過剰要素の修正、その後執筆したSSや描いて頂いたイラストの要素を追加しています。
本編SS、そして美しいイラストと合わせてお読み頂けると嬉しいです(文中にpixivのSSエントリへのリンクを用意してあります。イラストはクリックすると大きな画像が表示出来ます)。

可愛く美しくセクシーなルルア姫のイラストは、みはゆーの様に描いていただきました。どうもありがとうございます。イラストの著作権はみはゆーの様にあり、許諾を得て公開しています。


基本情報

■ 基本情報

名前    :魔王妃ルルア / ルルア姫
フルネーム :ルルア・スクビ・テンプト
種族    :吸精魔族の長・魔王ゲルギヌスの妃
出自    :テンプト王国第三王女。実は古の魔女王テンプトレスの生まれ変わり。
エネルギー源:男性の精気(ザーメンと生体エネルギー)

誰もが息を呑む可憐な美しさと妖艶官能さを兼ね備えた美貌、男の性なる欲望が具現化したような生唾モノの扇情的な美巨乳ナイスバディを誇る、フェロモンたっぷりの邪悪な絶世の美姫。その正体は人間の男性を誘惑し吸精・下僕化する淫らな吸精魔族の長にして魔王ゲルギヌスの妃。

元は北方に位置する「ノーザン大陸」の有力王国の一つ「テンプト王国」の第三王女。大陸にその名を轟かせる愛らしい絶世の美姫であったが、復活した「魔王ゲルギヌス」に自らの意志で処女を捧げその妃となり完全魔族化、魔王妃ルルアとなった。

フルネームの「ルルア」は誘惑の"lure"、「スクビ」はサキュバスの"succubi"、「テンプト」も国名でもあるが誘惑の"tempt"に因んでおり、吸精の誘惑者を物語る名となっている。

■ 性格・性質

頭脳明晰で狡猾。人間に対しては高慢で、男を誑かし傀儡とすることに無上の喜びを覚える。一方で魔王ゲルギヌスには従順に尽くし、可愛く淑やかでいじらしい姿を見せる。また、配下の淫魔・眷属達への労いや気遣いを忘れない頼れる良妃でもある。
淫魔達からの信頼も厚く、特に彼女の従者でもある高位吸精魔族の「ミオーラ」とは気の置けない友人関係を築いている。

能力

■ 絶世の美姫ルルアへの変身と男性の吸精傀儡化能力

魔族化した彼女にとって言わば人間態とも言える、元の姿をベースにした美巨乳ナイスバディな魔性のフェロモン美姫への変身能力。全身からキラキラとしたピンクと黒の魔光を発しながら、数秒の内にさまざまなコスチュームを纏ったルルア姫に変身する。

その姿で獲物の男を誘惑し、甘い官能のサービスで至高の快感を与え、絶頂射精させて精気を吸い取る。吸精された男は意思を持たぬ傀儡となり、彼女の命ずるがままに行動する。
体液の全てが魔性の媚薬であり、唾液や汗を獲物の男性に舐めさせる/飲ませることで欲情興奮させ、彼の性器を著しく勃起させることが出来る。愛液については言うまでもないだろう。

■ 魔王に匹敵する魔力

魔王ゲルギヌスとの交わりで獲得した魔力が、自らの中に眠り受け継がれていた古の「魔女王テンプトレス」の力と融合し、魔王に匹敵する高い魔力を獲得した。
基本的にその魔力の大半はルルア姫への変身能力と男性を誘惑・吸精下僕化させる魔淫能力に費やされているが、次のような魔族としての能力も持つ。

◇攻撃能力
  • 超音波
    口喉から発射する破壊超音波。命中させた物体を破壊することが出来るが、対象物によっては魔力をかなり消費するため、基本的にやむを得ない戦闘時にのみ使用する。
  • テレキネシス
    物体を浮遊させたり自由に操作する能力。但し自分より重いものは操れない。魔力消費量はごく僅かでであり、ルルア姫姿時も使用出来るため、頻繁に使用する。

◇防御能力
  • 物理バリア
    自らの周囲に張る物理攻撃を寄せ付けない見えないバリア。聖剣の攻撃をも防ぐことが出来る。魔力を大幅に消費するため、やむなく戦闘態勢に入ったときのみ使用する。
  • 魔法バリア
    同様に自らの周囲に張る、あらゆる魔法攻撃を無効化する見えないバリア。こちらも魔力を大幅に消費するため、強敵と対峙するときのみ使用する。
  • 治癒能力
    怪我やステータス異常を瞬時に治癒する能力。魔力消費量は殆どゼロで常時発動可能。

◇その他の能力
  • 飛翔移動
    魔王妃態での背の翼を使っての飛翔移動、または蝙蝠に姿を変えて飛翔移動する能力を持つ。相当な長距離・高度飛翔が可能だが、通常は瞬間移動魔法を使うため使用頻度は少ない。
  • 瞬間移動魔法
    一度訪れた場所への瞬間移動魔法を使用出来る。これによりテンプト王国内であれば大抵の場所に瞬く間に移動出来る。
  • 眷属使役
    無数の蝙蝠、及び蝙蝠型の魔族を自由に使役する能力。中でも蝙蝠は敵への攻撃や敵の攻撃の防御と回避に、魔族は数々の誘惑工作に際して使役する。得意なパターンは「蝙蝠に襲われ逃げ惑う美姫」「蝙蝠型魔族に襲われ、衣装をはだけられ愛撫され喘ぐ美姫」を装うもの。ルルアを慕うミオーラがルルアの姿を見て摸倣することが多い。

いろいろな姿

■ 黒の姿

夜を司る吸精魔族の長にして、魔王ゲルギヌスの妃・魔王妃ルルアとしての姿。

黒の姿・魔王妃ルルア(クリックで拡大)
思わず顔を埋めたくなるボリューム満点の美巨乳の丸い造形と絶妙にくびれたウェストから美尻にかけての魅惑のラインを強調し、ムチムチと肉鳴りする淫美な白太腿としなやかな脚線美を見せ付けるエロティックな闇黒のドレスを纏っている。
ルルア姫の姿より扇情的かつ悪魔的であり、愛しの魔王様を象ったアクセサリを身に付け、蝙蝠のように鋭利に尖る耳・魔王から受け継いだ魔角と黒銀の魔尾・ショッキングピンクに発光する悪魔の瞳を誇示する。

魔王城では通常この姿で魔王ゲルギヌスに寄り添っている。
テンプト王国城では自室ではこの姿に戻るが、他の場所では通常、「白の姿」を取る。

■ 桃色の姿

魔性の色香を発散する、桃色のドレスを纏った艶やかでエロ可愛いルルア姫の姿。姫として人間の男性を誘惑吸精する時の姿であり、特に重要な男性を誘惑吸精するときにこの姿を取る。

桃色の誘惑姫(クリックで拡大)
ドレスからこぼれ落ちんばかりの、だが重力に抗うかのようなボリュームたっぷりの二つの魔巨峰の深い谷間と丸い膨らみや雪のような白く美しい媚肌を見せ付けるのは勿論、キュッとくびれたウェストから腰に掛けての流線型ラインを強調。
時に大胆なごく短いスカートを纏い、プリンプリンと音を出さんばかりのヒップの美肉と秘部に食い込む面積の少ないレースパンティをちらつかせ、ムチムチっとした扇情的な脚線をしどけなく蠢かし、獲物の目を釘付けにし、股間を怒張させる。

◇ 勇者ジャック誘惑時
魔王妃へと変貌した後、自身を救出に来た勇者ジャックの前に扇情的な桃色ミニドレス姫姿で現れたルルア。自身が本物の姫様であることの証明を利用した甘い罠で彼を見事に誑かし、吸精傀儡化することに成功する。



◇ サザン国勇者ジャック誘惑時
桃色のルルア姫(クリックで拡大)
勇者に「救出」され、テンプト王国に帰還したルルアは、数々の淫らな罠で王国の実権を掌握し、ある計画を開始する。だが、再び現れるようになった魔物達を疑問に思ったサザン国王から調査を命じられた勇者ジョナサンが城を訪れる。ルルアは彼を誘惑すべく桃色の姿でアピールするも…。



◇ サザン国イノス王子誘惑時
桃色の恋姫(クリックで拡大)
従者である高位吸精魔族のミオーラの活躍で、サザン国に正体が知られるピンチを回避したルルア。逆にこれを奇貨とし、サザン国王子を誘惑する策を巡らす。ラブレターにまんまと釣られテンプト王国城にルルアを訪ねやって来たイノス王子。桃色可憐なミニドレス姿で彼と対面するルルア姫のあまりの魅力に彼は。
そしてその裏に潜む姿は。



■ 白の姿

純白の誘惑姫(クリックで拡大)
偽りの清純さを強調した、女神が纏うかのような純白のドレスを纏ったルルア姫の姿。姫としての平時の姿でもあり、人間の男性を誘惑する時の姿でもある。
清純さを装いながら、豊かな二つの巨峰と扇情の媚尻肉・美太腿を露わにし、甘い眼差しで男性を魅了する。表敬に訪れた各国の王族・諸侯を出迎え、悩殺するときにこの姿となる。


■ 魔物としての姿(正体)

血を受け継いだ魔女王テンプトレスと同じく、その正体は巨大で禍々しい黒銀の魔蝙蝠。その姿は背の痣として刻まれている。

弱点

  • 魔力が減衰し一定量を下回ると、魅惑の絶世美姫ルルアの姿は勿論、魔王妃としての姿など、人間に近い容姿を維持出来なくなり、手足の末端から蝙蝠化してしまう。勿論、聖なる力への抵抗力も低下する。魔力の源は男精であり、男性をイカせ食餌とすることで回復出来るが、そもそも男性自体が不足したりイカせ過ぎで不能・廃人になってしまうと補給出来ず魔力が衰えたままとなる。
  • 聖なる力に弱く、高位聖魔法や伝説の聖剣の攻撃を受けると魔力が著しく減衰してしまう。だが、高位の聖魔道士の術や伝説の聖剣を以て初めて対抗出来るレベルであり、並大抵の聖なる力は全く通用しない(蚊に刺された気がするレベルのダメージしか与えられない)。
  • 誘惑のルルア姫の姿に変身していても、伝説の見破りの鏡には正体である禍々しい黒銀の蝙蝠姿が映ってしまう。だが、鏡はルルアの魔力に耐えられず直ぐに割れてしまうため、使えるのは一度限りである。なお、見破りの鏡がどこにあるかは未だ不明。
  • 飛翔時は防御力に劣る。特に背後の羽根の付け根が弱く、攻撃されると傷つき落下、魔力が減衰してしまう。
  • 魔族/魔王妃になり立てということもあり、力のコントロールに慣れておらず、ザーメン欲しさについつい男の精を搾り取りすぎ、廃人化させてしまう悪癖がある。テンプト王国の掌握に成功するも、城の男性を次々と廃人化させてしまい、配下の吸精魔族のみならず自分自身もが魔力不足に陥ってしまった。[SS]美しきルルア姫・桃惑姫の油断(pixiv)において魔尾を露呈してしまったのもこのためである。

出自・誕生譚

諸国の憧れの絶世の美姫から若き淫らな魔王妃へと変貌したルルア。その誕生の秘密とは。

■ 古の魔女王

古の時代、かつてこの地にあった小国の王に絶世の美姫の姿で近づき、王をその美貌と肢体、そして超絶的な性の快楽をもって傀儡とし、王家を乗っ取った恐ろしき魔女王がいた。その名は「テンプトレス」。彼女は王を操り国名を自らにちなんで「テンプト王国」へと変えさせ兵を魔装化、大陸征服に乗り出した。

近隣諸国の貴族や豪族の元に美しい令嬢に姿を変えた淫魔を送り込み、彼らをセックス漬けにして寝返らせ、そこに魔装兵を進駐させ領地を乗っ取り。やがて住民達をも美しい男女淫魔を使った性の快楽を餌に支配。異変に気付き事態収拾に乗り出した将軍や国王も、交渉にやってきた絶世の美女テンプトレスと、彼女の近習淫魔が化けたメイドの甘い誘惑に堕ち、遂に中枢を乗っ取られてしまう。
こうしてテンプト王国に陥落する国が続出。抵抗を続けていた心ある人々の望みはノーザン大陸の強国「セイクリッド皇国」に託された。他国同様、国内の貴族・豪族が淫魔の甘い誘惑に落ち、領土をじわじわ侵略されてしまっていたものの、皇帝配下の魔道士がテンプト王軍の背後にいる王妃テンプトレス、そして美女達の正体に気付く。

迎えた国境の城での一大決戦。魔装兵達は魔道士によって張られた結界を破ることは出来ず、逆に力を与えられた聖戦士達の攻勢に壊滅。勝利を確信して居城で宴に現を抜かしていた魔女王テンプトレスは魔道士一行の精鋭部隊に居城を急襲され総崩れ。「人質の町娘」に姿を変え脱出しようとするも、町娘としては絢爛で美しすぎるその姿が災いし魔道士に正体を見破られてしまう。激しい魔法戦の後、魔力を奪われ敗れたテンプトレス。美女の姿を失い魔蝙蝠の原形に戻った彼女は、魔道士によって封印され城の地下深く埋められた。こうしてテンプト王国は正常な姿を取り戻し、数百年の栄華を誇るようになったのである。

■ ルルア誕生~蘇る魔性

栄華を誇るテンプト王国。今やその国名の由来は忘れられ、勿論、城の地下に古の魔女王の遺骸が眠ることを知る者など誰一人として存在しなかった。
そして現代。不慮の事故で前妻を失い悲嘆に暮れる国王を心配した同盟国=第一王女と第二王女の嫁ぎ先の計らいにより、新たな妃が嫁いで来た。若く美しく優しい妻との愛をはぐくむ国王。だが男性能力の衰えを感じていた国王は、「子供が欲しい」という美しい妻の望みに応えられない悩みを抱えていた。

そんなとき、ふとした偶然から城内の書庫からテンプトレスについて記された古文書が発見される。学者の報告から遺骸が地下に封じられていること、そして彼女がもたらした(本当は邪悪な)性にまつわる事件を知るや、悩みを抱えていた国王は魔女王の遺骸を「どんな男をも奮い立たせる伝説の精力剤の元」と思い込んでしまう。命令を受けた配下の者が地中深く埋められていた箱の中から妖しい形をした蝙蝠の遺骸を発見。これから精製された「秘薬」を飲むや、悩みが嘘のように解消したばかりか、逆に勃起が止まらなくなってしまった国王。狂ったように妻を抱き交わった結果、王妃はルルアを宿したのである。
10ヶ月後、久し振りの王家の子=王女ルルア誕生に沸くテンプト王国。だが彼女が後にノーザン大陸全土に堕落をもたらす魔性の姫になるとは、このとき誰も想像しえなかった。

ルルア出産の後、母である王妃は原因不明の病に倒れ逝去したものの、父の愛情を受け「ノーザン大陸の至宝」としてその名を轟かす絶世の美姫に育ったルルア。大陸中の国の王族・貴族・豪族の誰もが彼女を娶ることを夢見ていた……のだが、ある雷鳴轟く嵐の日、その背にあってはならない痣が浮き上がって来たのだ。それは古の魔女王テンプトレスの正体・禍々しい魔蝙蝠の痣

王家の者にあってはならない魔物の姿形をした痣ゆえに、その存在は国王と信頼の置ける側近のみの秘密に留められる。自国は勿論、他国には決して知られてはならないものであり、殺到し続けた縁談話もすべて丁重に断られて行く。健気に可愛く愛想を振りまくルルア。だが彼女に近付くことは禁止され、やがて国王を含む全ての人間が、腫れ物に触るような振る舞いに始終するようになってしまう。

ルルアは周囲の態度の変化の原因が背の痣であることに気付き、それが何であるかを自ら調べ始める。頭脳明晰であった上に、何故か古語がスラスラと解読出来てしまった彼女は城に残る古文書をひもとき、その痣が魔女王テンプトレスの原形であることを知る。驚くルルアであったが、好奇心から古文書を読み進めていく内に、かつて大陸の男達を手玉に取った魔女王の魅力に取り憑かれてしまう。周囲の人物の自分への態度も相まって、ルルアの心の闇が徐々に解放されて行く。やがて彼女は自らがテンプトレスの生まれ変わりであることを自覚し、今は失われた悪しき力を手に入れ、その絶世の美貌と至高の官能肢体で男達を堕落させ、この国を支配したい…と秘かに願うようになっていた。

■ 魔王との邂逅

北限の孤島に封じられていた「魔王ゲルギヌス」。大陸の国々が魔族の存在を忘れ栄華を謳歌する内に、彼を封じていた聖なる力はどんどんと弱まっていた。そして嵐の日、落雷により遂に封印が解かれ、復活を果たしたのである。ルルアの痣が浮かび上がったのも同じこの日。ゲルギヌスの復活がルルアに宿っていた魔女王テンプトレスの血を呼び覚ましたのだ。

自らを封じた人間への復讐を兼ね、大陸征服に乗り出したゲルギヌス。大陸の強国テンプト王国の王女であり、絶世の美姫として名を馳せていたルルアに目を付け、国を脅迫する取引材料として彼女を拉致する機会を窺っていた。
ある日、居城の城門に若い人間の女性、それも見たことのないような絶世の美少女が現れたとの配下の魔物からの報告に驚くゲルギヌス。曰く、彼女はテンプト王国城に放った魔物を同伴し、城門の守衛魔物を恐れるどころか彼らに跪き恭しく礼を取り、「魔王様にお会いしたい。この身を捧げ魔族となりたい」と申し出ているとのこと。水晶玉に映る城門の様子。その姿に驚く魔王。彼女こそ、彼が目を付けていたルルア姫その人であったのだ。

魔王ゲルギヌス復活の日と痣の目覚めの日が同じであることを知り、彼こそが自らに眠る悪しき力を解放する存在であると確信するルルア。日々その思いは募り「魔王様…魔王様と結ばれたい…魔族になりたい…あぁんっ♡魔王さまぁ…ルルアを犯してぇっ♡」と魔王とのセックスを妄想し自慰に耽るようになる。
ついに迎えた皆既月食の夜、城を秘かに抜け出すルルア。魔王様に処女を捧げ、自らに眠る魔の血を目覚めさせ、邪淫な吸精魔族として生まれ変わる目的を果たすため、城を襲撃した魔物を逆に助け、彼に魔王城へと導くよう跪き懇願したのだった。想像だにしなかった申し出に驚く魔物であったが、彼女に見せられた背の痣=魔女王テンプトレスの痣に納得し、ルルアを抱き飛翔、魔王ゲルギヌスの城へと導いたのだった。

居城の儀式の部屋で執り行われる魔王ゲルギヌスとの淫らな、だが愛に溢れた交尾。ルルアの可憐な美貌と官能肢体に大欲情し最高の邪精を放出する魔王。魔王の邪精を歓喜と共に受け入れ身も心も焼き尽くされたルルア。その身体に眠っていた魔性が解放され、夜を統べる吸精魔族の長・魔王妃ルルアとして生まれ変わったのである。

その後のエピソード

■ 美しき姫の救出

テンプト王国城から突如消えたルルア姫。城は蜂の巣をつついた大騒ぎになる。当初は最近彼女を疎んでいたことに嫌気がさして家出したのではないか…と思われたが、後に最近頻繁に襲撃してくる魔王ゲルギヌス配下の魔物にさらわれたらしいことが判明。厄介な相手に喧々ガクガクの議論が続く。
なかなか腰を上げない臣下の者達に業を煮やした国王は、ルルアとの結婚を褒美として魔王討伐の勇者を募る。こうして一人の若者に伝説の聖剣が託され、精鋭兵と共にルルアの救出に向かったのである。


■ 美しきルルア姫・桃惑の油断

テンプト国王城に帰還し、悪しき計画を遂行していくルルア姫。ある日、彼女の元に大陸南方のサザン国の勇者が訪れる。歓喜の笑顔で彼を出迎える姫だったが…。


■ 美しきルルア姫・桃惑のラブレター

小さな油断から、隣接する強国・サザン国の勇者ジョナサンに正体を知られてしまったルルア姫。ピンチに陥るも、彼女の腹心の部下である吸精魔族ミオーラの活躍で事なきを得る。ノーザン大陸支配を目論むルルアは、ピンチをチャンスに変えるべく、サザン国の王子イノスを誘惑する策を巡らせる。果たして王子は姫の甘い甘い罠から逃れることが出来るだろうか。否。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

再び約一ヶ月振りのご無沙汰でした皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今月から部署&勤務体系が変わった上に出社の毎日…と仕事を取り巻く環境が大きく変わって日々疲労困憊している私の元に甘い甘い可愛い美女先輩に化けた(以下略)な出来事が起こるはずもないのにそんな小ネタばかり毎朝早く投稿する毎日ですお疲れ様です。パタリ。

お陰で(?)妙に妄想力が上がって筆が進んでルルア様の新作SSが完成するという奇跡が起き、pixivの方に投稿しましたのでご案内です。

◆美しきルルア姫・桃惑のラブレター~隣国の王子が魔の絶世美姫に甘々エッチに誘惑吸精されるお話~

ストーリーとしては昨年10周年記念で書いた超ミニスカ…じゃない、超短編の続きで、前回うっかり尻尾を出してしまったルルア姫が、ピンチをチャンスに変えるべくサザン国の王子に向けて甘々ラブレター作戦を遂行する…というお話です。そして何と今回16,000文字位あります。奇跡です。お楽しみ頂ければ幸いです。
そしてそして、今回もみはゆーのさん作画の可愛くって可愛くってラブラブエチエチしたくなるルルア姫様のイラスト付きでございますヤッフーーー! 作画頂いたみはゆーのさんには改めてお礼申し上げます。どうもありがとうございます。
みはゆーのさんのサイトpixivには美しいイラストが多数掲載されていますので、よろしければ是非足をお運びくださいませ!

ということで、pixivに投稿した新作SSのご案内again againでした。お楽しみ頂けると嬉しいです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ